1. >
  2. >
道の駅「サーモンパーク千歳」を目印に
道の駅「サーモンパーク千歳」を目印に
DATA

千歳サケのふるさと館

エリア:小樽・千歳・積丹 カテゴリー:楽しむ

  • ブックマークする
  • はてなブックマークに追加
  • Del.icio.us
  • Buzzurlにブックマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークへ追加
  • エキサイトマイリンクへ追加
※お問い合わせの際は、「Hokkaido 1.jpを見ました」とお伝えください。
TEL 0123-42-3001 FAX 0123-42-2310
住所 北海道千歳市花園2丁目312番地道の駅「サーモンパーク千歳」内
営業 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
定休 年末・年始 席数
交通 国道337号線沿い・道の駅「サーモンパーク千歳」内
情報欄 ■入園料金
大人 ¥800
高校生 ¥500
小・中 ¥300
幼児 無料

■20人以上料金
大人(1名様) ¥640
高校生(1名様) ¥400
小・中(1名様) ¥200
URL http://www.city.chitose.hokkaido.jp/tourist/salmon/
 

サケと北方圏淡水魚の水族館

国立公園「支笏湖」を源とする千歳川は、日本におけるサケマスの近代的な孵化放流事業発祥の川。その千歳川のほとりに建てられた「千歳サケのふるさと館」は、サケと北方圏淡水魚の一大アクアリウム。館内には大小の水槽をはじめ、サーモンムービーや川の中の生き物たちを直接観察することができる水中観察室などを備えている。秋には、遡上するサケを捕獲するユニークなインディアン水車なども間近に見ることができる。季節ごとにイベントや体験もあるので HPもチェック!

珍しい金魚の展示や楽しいイベントなども企画されている
珍しい金魚の展示や楽しいイベントなども企画されている
拡大
9月から展示の始まるカラフトマス。 10月中旬までの限定展示
9月から展示の始まるカラフトマス。
10月中旬までの限定展示
拡大
千歳川でも9月から本格的なサケの遡上が始まる。館内での展示は12月中旬まで
千歳川でも9月から本格的なサケの遡上が始まる。館内での展示は12月中旬まで
拡大
 
ピックアップ

今夏の企画展は「金魚の夏がやって来た!」と題して金魚の生体展示やパネル展を予定。日本の夏らしい展示をお楽しみに。
期間:7月17日(土)~8月29日(日)。
秋のふるさと館は、9月から千歳川に産卵のため遡上したサケと、オホーツク海沿岸に帰ってきたカラフトマスを展示します。ベニザケの展示も予定しています。いよいよサケのシーズンが到来です。また、館内では毎日15時から大水槽の魚たちが餌を食べる様子を解説付きで見ることができます。その迫力は必見の価値があります。千歳川の川の中をのぞくことが出来る「千歳川水中観察室」の秋は、サケの遡上が見られ、12月中旬から1月末までは、サケの産卵行動が観察できます。運が良ければ、産卵の瞬間に出会えることもあります。

このお店の公式ホームページへ

クリックで地図を拡大表示

閲覧数の多い他のショップ
ページの先頭へ移動